菅原まことの基本政策です

0
     昨日に続き、今日は昨日の記者会見で発表した基本政策を掲載します。

    平和を心から願い、憲法を活かす北見市政
    市民と理解し合う北見市政
    市民の命と暮らしを支える北見市政の実現を


    市長選挙における菅原まことの基本政策について

    1.    市政運営の基本
    (1)    『憲法』は市職員にとって市政運営の基本であり、市長は職員と共に憲法を学び、市政に活かします。
    (2)    市職員の提案力・政策力の向上は住民の願い実現に欠かせません。そのための研修のあり方を構築します。財政問題や重要課題を職員と市民と共に学びます。
    (3)    様々な市政課題で市民と膝をつきあわせ、意見交換をすすめます。
    (4)    自治区設置条例を基本としたまちづくりをすすめます。

    2.    事業費を抑え、利用しやすく役に立つ市役所を
    (1)現在計画中の都市再生整備事業については、バスターミナルの移転や駅前ひろばの大改造は疑問です。私は、今後の事業費の抑制も考慮し、新庁舎建設を中心とした事業に転換します。

    3.    命を大切にする市政を
    (1)国民健康保険料は支払の限界を超えています。市独自の保険料減免をす すめます。さらに国負担分の引き上げ、道の軽減対策を求めます。また、低所得者に対する保険料減免制度の内容改善と相談の充実で、市民の命に関わる問題である道内最大の資格証明書の発行を減少させます。
    (2)介護保険料は支払の負担が改定ごとに重くなっています。市独自の保険 料減免により引き下げをおこないます。また、国庫負担率の引き上げ、道の軽減対策を求めます。
    (3)在宅介護に対する支援を強化します。

    4.    子育て応援の街をめざして
    (1)子ども医療費の助成は、現在の就学前医療費無料化から、中学校卒業までの医療費無料をめざします。国の助成制度実施と、道の子ども医療費助成の拡充を求めます。
    (2)義務教育の内容充実のために、ヽ惺撒訖費の親負担への助成拡大、学校図書館に司書職員の配置をすすめます。少人数学級の再開・推進を道と国に求めます。

    5.    若者の雇用拡大のために、地域経済拡大の努力を
    (1)中小企業振興基本条例を生かした取り組みをすすめます。条例実施自治体との交流を実施します。地域循環経済の拡大の取り組みの一つとして、住宅リフォーム支援の事業を実施します。
    (2)若者など非正規雇用における、違法な「ブラック」な働かせの実態を関 係機関とも協力して調査し、相談体制もつくります。
    (3)再生可能エネルギーの活用で経済の拡大を図ります。
    (4)障がい者雇用拡大のための政策の充実を図ります。
    (5)JR石北線の存続に向けた取り組みを進めます。
    (6)TPP交渉からの即時撤退を求めるとともに、近隣市町村と力をあわせ撤退を求める運動を強化します。

    6.    安全・安心なまちづくりを
    (1)地域での防災活動を支える消防団員の報酬引き上げを関係者と協議し実 施します。
    (2)各地域に防災組織の設置・拡大に取り組みます。
    (3)災害時に危険とされる箇所の対策に取り組みます

    北見市長選、記者会見

    0
       今日のNHKのニュースなどでも報道されたとおり(北海道新聞朝刊でも扱われていましたが)、わたし菅原まことは20日告示、27日投票の北見市長選挙に無所属で立候補することを今日の記者会見で発表しました。

       報道では扱われていないようですが、明るい北見市政をつくる会の推薦を受けています。(※明るい北見市政をつくる会が、政治団体(確認団体)ではないために、報道ではその部分を言わない対応をするところが多いようです)

       会見には、明るい北見市政をつくる会の腰岡雅昭代表(右から2人目)をはじめ、会の構成団体である6団体のうち日本共産党を含む4団体の代表の方も会見に参加しました。

       明日からもこのブログを通じて、市長選政策などを発信していきます。
       今日、皆さんにご紹介するのは、明るい北見市政をつくる会が北見市長選挙に向けて、こうした市政が必要ではないか、と呼びかけるアピールです。


      北見市長選挙アピール
       
                            2015年9月9日
                              明るい北見市政をつくる会
       
       
      平和を心から願い、憲法を活かす北見市政、
      市民と理解し合う北見市政、
      市民の命と暮らしを支える北見市政
       
      私たち「明るい北見市政をつくる会」は、9月27日の市長選挙にあたり、以下のとおり提言し、その実現をめざします。
       
      ◆「平和だからこそ」の思いを市政に
       いま日本は、憲法を無視して米国などと一緒に「戦争する国」へと向かうのか、憲法を守り、世界の流れである「戦争しない世界」へ国の力を注ぐのか、大きな岐路に立っています。
      70年前、世界に先んじて「軍事で物事を解決しない日本」「国民を主人公とする日本」の姿を『日本国憲法』にまとめ、それまでの日本の政治姿勢を大転換すると、世界に向かって公約しました。不十分な面を残しながらも、この憲法に沿った国づくりが70年にわたって進められてきました。憲法が時の政府に求めている「積極的な外交交渉で紛争を解決する日本」の姿を、圧倒的多数の国民も支持しています。
      こうした中で行われる北見市長選挙において、私たちは、世界の先進と自負できる『日本国憲法』を守り、活かして市政運営にあたる市長を求めます。
      ◆市政の課題は、市民と情報の共有を
      『とっておき』の場所には日赤病院が建つ一方で、市役所は転々としバラバラになっています。こうしている間にも、市庁舎の事業費だけが当初予算(78億円)の150%以上(129億円)にも膨らんでいます。
      市民協働事業の交付金制度も、何が不公平なのか、何が問題点なのかも市民に知らされず、強い意見に押されるように制度が変わりました。
      市長と市議会がどんな議論をして市政の方向を決めたのか、市民には十分に伝わらず大きな疑問が投げかけられています。
      市長のリーダーシップは必要です。しかし、それは強引さや強要であってはなりません。「議会や市民との理解をすすめる」という積極的な市長の姿勢により、市政の情報の共有が可能と考えます。市長が市職員と一体となって力を発揮できる舞台にもなると考えます。
      ◆こども、若者、高齢者など、誰もが住み続けられる街へ
      ・地域は自らつくる時代…地方政治は、国の制度設計の影響を大きく受けざるを得ません。しかし今、アベノミクスをはじめとする国の経済対策に対する期待は、大きく揺らいでいます。自らの地域は自らの決意と創意で、つくり上げなければならない時代に入っています。
      開墾しながら寒さに強い品種を作り、獲るだけでなく育てる技術を確立して基幹産業を培ってきた北見の農林水産業。こうした基幹産業の維持発展とともに、中小企業の皆さんと地域にある素材や能力、技術を集め、地域循環型の経済の構築が求められています。
      ・地域づくりを台無しにする政治はNO!…地域を崩壊させ、日本の食料確保さえ危ぶまれるTPP参加へむけた交渉の推進。暮らしと商売に深刻な打撃となっている消費税増税。毎年実質的に下がり続ける給与や年金の収入。年ごとに悪くなっていく医療・介護・福祉。福島原発事故の検証もなく、使用済み核燃料処理や廃炉技術が未確立のまま再稼動された原発。
      私たちは、こうした国の政治に賛同することはできません。それは、私たちの地域づくりの努力を台無しにしてしまうからです。
      ・憲法25条に基づく市政を…国民健康保険や介護保険、生活保護制度などの改善を求めても「この制度は国が作ったもの。国に改善を求める」との立場に終始してきた今までの市政。これでは深刻な事態にある市民から「置き去りにしている」と批判されるのも当然です。
      市民が安心して暮らすため、憲法25条に掲げられた「健康で文化的な最低限の生活」を脅かす国の政治に向かって、粘り強く要望や意見を発信していくとともに、北見市独自で、命を大切にする市政、市民を支える具体的な施策が必要です。
      以上のような政治姿勢を求めるとともに、市政が取り組むべき5つの重点課題を以下に掲げ、市民の皆さんと力を合わせて、実現のために全力を挙げます。
      1、「駅前広場」解体を白紙にもどし、事業費抑え、利用しやすい市役所建設を
      2、国民健康保険・介護保険料引き下げを実現し、命を大切にする市政を
      3、中学校卒業までの医療費無料化、学校給食費の助成拡大など、子育て応援市政を
      4、若者や障がい者の雇用拡大と、地域循環型経済を目指す市政を
      5、災害に強い街、安全・安心な街づくりを進める市政を
      以上、呼びかけといたします。安心して住み続けられる北見市実現のため「市民の皆さん、ともに力を合わせましょう!」。
       


      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      Counter

      ブログパーツUL5

      Twitter

      Facebook

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM