私の1歩は40cm

0
     最初にお知らせです。
     今週末、12日は午後1時から稚内総合文化センター小ホールで、日本共産党大演説会がおこなわれます。弁士は、紙智子参議院議員、はたやま和也道政策委員長、そして私、菅原誠もお話しします。宗谷地方にお住まいの方、ぜひ日本共産党演説会にお越しください。入場無料で、どなたでもお聞きになれる演説会です。

     さて、今日は昨日網走市を出発した国民平和大行進が北見入りです(昨日の様子は松浦敏司網走市議のブログをご覧ください)。
     例年は市役所小公園でおこなわれる北見集会も、今年は市役所庁舎解体工事のあおりで北見駅前広場を会場におこなわれました。
     私たちは礼文島から東京をめざす幹線コース上ではない、網の目コースのひとつ網走コースです。網走を出発し、旭川まで歩いて行くコースです。

     このコースを通して歩くのは鈴木猛さん。

     今日は、お天気もよく、あたたかな風が心地いい中、北見市の中心街を歩きました。

     日本の原発がすべて稼働を停止したように、歩幅40cmの私の1歩1歩の歩みも核兵器のない平和な世界をつくるための1歩にするようにと、思いをかみしめながら歩きました。

    体を動かす運動

    0
       北見での移動はもっぱら車が多いためにどうしても体を動かさなくなりがちです。そこで、実家に帰っている期間くらいは、車生活を離れようとしましたが、結局はこのゴールデンウィークの半分以上は雨模様でほとんど外出もできませんでした。
       そんな中、わずかに晴れた期間をぬって、約4km離れた近くの神社へ桜を見に行ってきました。もしかすると、みんな桜を見に来ているかもしれない、と車ではなく実家の自転車を借りて行きました。

       久しぶりに自転車をこいでいると足が結構張ってきます。20分くらいかけて、風を感じながら自転車を走らせると、やっぱり車で移動するのとは違う気持ちよさがありました。

       帰ってくると足がぱんぱんになりましたが、やはり運動は必要だな、と感じた休み期間でした。

      電気を考える

      0
         いよいよあと1時間程で日本から原発の電気がなくなります。これからは、まさに一日一日が原発に頼らなくても電力をまかなえるという証明の一日一日となります。

         ふと思い出したのは、私が小学校2年生くらい、1980年〜1982年くらいのとき。ちょうどこの頃、私が子どもの頃を過ごした北海道小樽市にセブンイレブンが開店したこと。当時まじめな(笑)小学生だった私たちのクラスは、セブンイレブンについて様々な噂が飛び交いました。「セブンイレブンは朝7時に開店して夜11時に閉店するからセブンイレブンというんだ」という話がまことしやかに流れました。当然、そんな夜遅くまで起きていなかったから、誰も証明しようがなかったわけですが。でも、夜11時まで営業している、というだけでもびっくりするくらい、当時は夜になればお店は閉まるというのが当たり前だったはずです。
         今や、24時間営業は当たり前、私も夜12時くらいまで起きていることは当然になりました。その当時、照明や冷暖房など電気は無尽蔵に使えると思っていましたが、今考えれば、電気の大本を考えることはなかったのかな、とも思います。

         改めて、電気の大事さをかみしめながら、当然のことですが、節電を意識しながら毎日を過ごしていかなければな、と思います。

        明日は

        0
           ゴールデンウィークも後半戦に入りました。私も、特別な状況がない限りは3日間の連休ということで、今日、実家に戻ってきました。
           車で実家に戻りましたが、道路はいつもに比べても交通量が多く、ゴールデンウィークで皆さん、いろいろなところに出かけていることを感じました。層雲峡にも、たくさんの車が止まっていましたね。

           さて、いよいよ明日は泊原発3号機が停止し、日本にある全50基の原発が停止する歴史的な日を迎えます。はたやま和也道政策委員長は北海道の青年たちと原発が停止するこの日、泊原発でその日を迎えます。

           私は久しぶりのまとまった休みですが、連休明けは12日の稚内市の演説会をめざして、いろいろな資料を読み込むためにすごそうかと考えています。

           連休の皆さんは、事故に気をつけてよい連休をお過ごしください。お仕事の方は、ぜひ頑張ってお仕事されてくださいね。

          65回目の誕生日

          0
             今日、5月3日は65回目の憲法記念日でした。連休後半戦の最初の日ですが、午前9時から北見自治区6カ所で街頭宣伝をおこないました。連休中ですから、普段に比べても人通り、車通りが少ない中でしたが、道行く人からの激励も受けながら宣伝を無事終了することができました。
            北見市も桜がきれいに咲きました。

             その後は、北見から憲法を考える会が主催する憲法集会に参加。今年は、私の母校でもある北見工業大学の斉藤正美教授が講師として、「原発の安全性と再稼働」と題しての講演がおこなわれました。

             終わってからは、北見駅前に場所を移動して、北見革新懇のおこなう街頭宣伝に合流。私も再びマイクを握って訴えました。
             かなり風の強い、署名用紙も油断すると吹き飛ばされる中でしたが、多くの方に足を止めていただき、署名にご協力をいただきました。

            本当にたたかう相手は

            0
               今日は、北見市内ですが、距離があってなかなかいけていなかった常呂自治区へ。
              ※常呂自治区は国鉄湧網線が廃止され、バスターミナルが交通の要所となっています

              ※常呂自治区の象徴とも言える「ホタテタワー」


               漁協などでもお話を伺いましたが、サロマ湖の第2湖口が砂で埋まってしまったため、砂の除去のために、ワッカ原生花園にはひっきりなしにトラックが走っていました。それでも、環境の影響を考え、原生花園に入る際には、こうして水のたまったプールを通り、車輪を洗浄してから進みます。
               ちなみに、ワッカ原生花園はこの工事の影響で遊歩道などは一部通行止めとなっています。馬車、自転車は運休中です。再開は7月からの予定です。

               農協や漁協、商工会、特養ホーム、地元業者などいろいろなところを訪問しお話を伺ったりなどしました。
               常呂自治区はもともと農業と漁業が基幹産業となっており、TPPに参加した場合にはその影響をまともに受け、自治区に甚大な影響をもたらすだろうと、口々にお話しを受けました。
               と、同時に本来TPPの影響を受けて第1次産業のみなさんとともに大打撃を受ける消費者の皆さんが、TPP推進側の「1.5%のために98.5%が我慢するのか」「TPP反対は利権を守るためのエゴ」という大宣伝の影響を受けて、TPPに反対することがなにやら間違ったこと、と思われる風潮が広がることに危機感を持たれています。

               今、私たちはTPPに参加することで、どれだけの影響を受けるのか、それはTPP推進側のいうとおりにバラ色の将来を本当に描けるものなのか。

               私たちが、もっともっとTPPについてもお知らせしていかなければ、と思います。

              メーデー

              0
                 今日、5月1日はメーデー。全国/全道でメーデー集会がおこなわれる中、北見市でもメーデー集会が開催されました。

                 昨年までは北見市役所前の小公園が会場だったのですが、今年は市役所が解体される工事の関係などで会場を北見駅前の広場に移しての開催でした。5時半を過ぎる頃には、様々な団体、個人のみなさんが続々と集まりはじめ、のぼりやプラカード、おそろいの衣装、下層などで会場は華やかな雰囲気に。

                 来賓のあいさつと言うことで、私があいさつをおこないました。色々考えたのですが、メーデー集会と言うこともあり、みんなが団結する力が社会を動かす、ということを伝えたいと思って、「いま2つの大きな流れがたたかっている」と切り出して、TPP、消費税などの国民攻撃のある一方で、原発でもTPP参加表明でも私たちの力が合わさることで、相手にとって痛烈な反撃になる、と訴えました。みんなの力でそうした攻撃を跳ね返してきている、と訴えたときに期せずして拍手が起こりましたから、思いは伝わったかな、と思います。

                 集会終了後のデモ行進は最後尾を歩きました。
                 やはり長い行列になりました。先頭は全く見えません。シュプレヒコールを先導する宣伝カーからの声はかすかにしか聞こえず、後ろでは思い思いに声を上げました。

                4月終わりの日に

                0
                   今日は午後から管内全体の会議がありましたが、その合間の時間を利用して、演説会前には落ち着いてできなかったことを2つやっていました。そのひとつが、民主党の小沢代表の裁判の判決文を読むことです。もちろん、新聞などで概要は知っていますが、やはり、判決文にすべて目を通して、裁判所がどういうふうに考えての判決なのか、自分なりに理解することは必要だな、と思っていますが、とにかく90ページを超える要旨なので、読み込むだけでも一苦労。まだしばらくかかりそうです。

                  ノンコンプライアンスレポート

                  0
                     今日の勤務が終わったあとに、ふと思いついて、家に帰って読み始めたのが「ノンコンプライアンスレポート」。2005年に狂牛病問題が発生したとき、アメリカの食肉処理を調査した紙智子参議院議員が現地の視察や、入手した様々な文書を元に構成・出版した本です。

                     改めて、食の安全は「人の手」によって守られもするし、危険にもさらされる。先日、アメリカで乳牛からBSEに感染していることが発見されましたし、TPP交渉では、このBSEに関連して、月齢20ヶ月以上の牛の輸入規制が緩められることが議論されています。

                     しかし、あらためて、「ノンコンプライアンスレポート」を読むと、安全を守る規制を、そう簡単に緩めていいのか、ということを改めて考えずにはいられません。

                    オホーツクから政治を変えよう!

                    0
                       今日はついにやってきた北見市での演説会。午前中から原稿の修正と音読練習を繰り返しました。考えてみると、前回立候補したときは、こうした演説会がありませんでしたから、はじめての大型演説会の弁士です。チェックを繰り返しているうちにどんどん時間は過ぎ、最終的に,「これで行こう!」となった原稿ができたのは午後4時30分。

                       実は、会場の舞台袖でも最後に一通り読みながら、原稿に赤で最後の修正を入れました。飛行機の時間がぎりぎりになっているはたやま和也道政策委員長(道比例ブロック予定候補)も開会前に無事到着して、いよいよ緊張感も最高潮になります!

                       私は主に、12区選挙区を回って感じてきていることを中心に、TPPの問題、消費税増税の問題、雇用と地域経済の問題を主なテーマとしてお話ししました。
                       自分の中では、緊張のあまり声がうわずって、不安定にならないように気をつけながら話したつもりでしたが、ちょっと早口になってしまったようです。はたやま政策委員長は時折ユーモアも交えながら40分にわたって、日本共産党の政策を縦横に語ります。急きょ紙智子参議院議員が来られなくなった分も力強く語ってくれました。
                       演説が終わったあと、参加した方々に握手をしていると、「顔が真っ赤でしたね、緊張していたようですね」「ちょっと時間がなくて、はしょった部分もあったようだけど、まあまあわかりやすかったよ」など声もかけていただきました。ちょっとびっくりしたのは、いつも演説会では見たこともない若い方が何人もいたこと。そのうちの2〜3人は私も握手しましたが、こうした若い方達と、一緒に政治を変える取り組みを進めていきたい、という思いを握手に込めましたが、伝わったでしょうか。
                       演説会が終わったあと、はたやま政策委員長と反省会。やはり演説の力をつけて、1度聞いた方が、「そうだ、その通りだ。一緒に頑張ろう」と思えるようにならないと再確認。
                       今日の演説会は、はたやま政策委員長のブログでも紹介されています。こちらもご覧になってくださいね。(http://hatarogu.blogspot.jp/2012/04/blog-post_5340.html)


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      Counter

                      ブログパーツUL5

                      Twitter

                      Facebook

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM