総選挙を終えて

0

     「野党統一候補」という新しい立場の中で、たくさんの方々の物心両面にわたる大きなご支援の中で取り組めたこの衆議院選挙。応援いただいたみなさん、期待していただいたみなさん、本当にありがとうございます。

     

     結果はみなさんの期待にこたえられるものを出せず、日本共産党は北海道で比例議席を喪失、全国的にも後退という結果になりました。しかし、北海道では野党統一候補のうち、1区道下大樹さん、3区荒井聡さん、6区佐々木隆博さん、8区逢坂誠二さん、11区石川香織さんの5選挙区が勝利を収め、破れはしたものの他の選挙区でも大接戦という結果をつくりだしたことは、野党共闘の力を改めて示したのではないかと思います。

     

     北海道12区では、私は前回18451票(得票率10.7%)から今回23830票(得票率13.3%)と約5000票増やしました。解散から、選挙の構図が固まり、野党統一候補の決定が10月5日、そこからの活動でしたので、すべてがやりきれたわけではありませんが、8日の励ます会に始まり、公示日第一声に宣伝カーから訴えもいただき、政党、団体からため書きや推薦決定書をいただき、各地の宣伝にも足を運んでいただき、また選挙運動に参加していただくなど、4回目の立候補で、これほどたくさんの方と結びつき、一緒に活動できた選挙にほんとうに感謝しかありません。

     

     結果を受けて早速さまざまな動きが始まっています。安倍首相は改憲についても早速語り始めています。日本一広い北海道12区を走り抜けて疲れも残っていますが、そうも言ってはいられません。また、新しい活動のスタートです!


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    Counter

    ブログパーツUL5

    Twitter

    Facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM