宗谷キャラバン

0

     移動や打ち合わせなど、バタバタしているうちに2日間ブログが空いてしまいましたので、ダイジェストですが紹介します。

     

    ***5日(枝幸〜中頓別〜浜頓別〜猿払〜稚内)

     

     枝幸町は今年1月に新春のつどい以来ですから9ヶ月ぶり。朝9時台という早い時間にもかかわらず20人を超える方が集まってくださっていました。演説が終わったあと、野口良子前議員が「貫禄(体重含む)もついて、前よりもわかりやすい話し方でよくわかったでしょう」とまわりの方に声をかけてくだっていました。

     宗谷で私に「太ったね」というのは野口前議員と後述の稚内の佐藤ゆかり議員だけです。

     

     中頓別は佐藤奈緒議員が用務で同行できなかったので、野口洋郎枝幸町議が引き続き同行。時間が少し遅れたため、一旦戻っていた方が宣伝音を聞いて駆け付けてくれましたが、終わりぎわに到着されて「間に合わなかった〜」と。申し訳なかったです。

     

     浜頓別は宮崎美智子議員と一緒に宣伝。浜頓別ウィングで昼食だったのですが、「出てくるのが早いよ」と宮崎議員が言ったとおり、5分も待たずに注文した品がそろい、30分遅れだった運行日程がこの昼食時間で一気に回復。3ヶ所目は以前の選挙では演説したことのない場所でしたが、演説が始まってから次々と近くに集まってくださいました。

     

     猿払村は現在、党議員が空白の地。海沿いの村ですので風が強く、このあたりから時間も夕方に差し掛かってきたこともあり、寒さが段々厳しくなってきます。

     それでも、通過する車などから手を振ってくれ、熱い声援をいただきました。

     

     

     稚内市(写真は佐藤ゆかり議員のfacebookから)。写真からも風がすごいのが伝わると思います。佐藤議員は暖かいガウンを着込んで待っていてくれました。そして、演説を待ってくださる方も寒さと風をじっとこらえながら聞いてくださったのでは。追っかけ隊の方もいて、励まされました!

     そして、最後の演説場所でバス待ちをしていた中学生のみんな。バレー部の練習がこれからだそうで、演説の感想を聞いたら「憲法は守ってほしい」と一人がはっきりと言ってくれたのはうれしかった。

     

    ***6日(稚内市〜豊富町〜幌延町)

     朝8時20分スタートで市役所に出勤する方への訴え。それから10時までに市内6ヶ所宝来団地では20人以上が集まってくれていて、近くの団地からも窓を開けて聞いてくれ、力が相当入りました。

     

     豊富町からは鷲見悟幌延町議が同行。豊富町JA前では、数日前に畠山衆議院議員が懇談に来ていたのですが、役員の方が仕事の手を休めて演説を外で聞いていただきました。毎回、この場所で演説の際にはこうして聞いていただくので本当にうれしいです。

     

     そしてこの宗谷キャラバン最後に、今回の衆院選より12区に異動した幌延町。今回はじめての訴えになります。ここでもある団地前での演説中に、近くの一軒家から男性が聞いてくれ、「共産党員じゃない」と前置きした上で、「共謀罪と憲法改悪は絶対許せない。夫婦で応援するから頑張ってくれ」。それまでの選挙はもしかしたら共産党を応援したことのない方かも知れません、感激でした。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    Counter

    ブログパーツUL5

    Twitter

    Facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM