党大会2日目

0
    日本共産党の党大会は、日本の主な他党とは違い、毎年党大会を行うわけではありません。しかし、大会は国会議員や地方議員が大会代議員というわけではなく、数ヶ月前に発表される大会決議案を全党で討議、実践しながら深めていきます。そうした実践などを持って、全国から選ばれた代議員が4日間にわたって討議、決議として決定します。 今日はその討議の2日目。全国各地からの豊かな経験や実践などが発言されました。 私は衆議院予定候補である一方、北海道北見地区委員会の委員長代行という任務も持っています。ですので、いくつかの地区委員会の委員長さんの発言には特に注目して聞いていました。 大いに学びたいと思ったのは、その地域地域で一人一人の方々がもっている様々な要求、悩み、願いに寄り添い、一緒に運動を広げて行く、という姿勢や取り組み。 農業をはじめとする第1次産業が基幹産業である北見地区では、やはりTPPの影響はどうしても考えなければならないことです。丁寧に現場を回れば、様々な要求も、願いも出てくるはずです。それに答える活動をどう作っていくか。 戻ってからの活動の力となる発言をいっぱい聞きながら、活動のエネルギーをためています。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    Counter

    ブログパーツUL5

    Twitter

    Facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM