5年目のさよなら原発集会

0


     東日本大震災、福島第1原発事故から5年が経とうとしています。福島原発事故については、この時期になって東京電力が、炉心溶融の判定基準を見過ごしていたことを公表するということがありました。

     おおもとにには何があるのか、それは、「日本の原発は世界最高の安全基準で支えられており、事故は起こるはずがない」という、“安全神話”があるのではないでしょうか。すでに、九州電力川内原発では、審査でも設置が前提とされていた免震重要棟の新設計画を「費用面も全く無関係ではない」と撤回しています。審査さえ通してしまえば、”原発は安全だから、そこまでの費用をかけて安全対策をしなくてもいい”と見えるこういった姿勢こそ、最も危険ではないでしょうか。

     人間には完全にコントロールできない技術だからこそ、安全性には最も謙虚でなければならないはず。そのことをフクシマから私たちが学ばなければならない大事なことの一つ。それを一緒に考えるさよなら原発集会、ぜひご参加ください。

     今年は、3.13の日曜日に開催です。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    Counter

    ブログパーツUL5

    Twitter

    Facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM