旭川活動日誌(3)

0
     昨日から一転、天気は良くなりましたが、私は外には出ず、ひたすら支持を訴える活動に専念、の一日でした。

     午前中から電話を握っての対話が続いたため、夕方にはへろへろに。しかし、電話すればするほど支持が広がっていくのも感じています。
     道政の間違っているところを指摘し、それをどう正していくべきなのか、そのことをキッパリと言える道議会議員は104人(欠員がいるので実際には90人台ですが)の中でも真下道議を置いて他にはないでしょう。

     電話の中でも、「あなたはどこの菅原さん?」と聞かれることもあり、「全道で唯一の道議会の共産党議席となっている真下さんの議席はどうしても失うことができないので、北見から来ているんです」と話すと、1人は見出しの大激戦の選挙戦の様相と相まって、「そんなに大変なたたかいなんだね」と激励や支えの言葉をいただけます。

     私が旭川で活動するのもあとわずか。それまでに何としても「知事は佐藤のりゆき、道議は真下紀子」で道政をチェンジ!をうんと呼びかけなければ、と思います。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    Counter

    ブログパーツUL5

    Twitter

    Facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM